仕事で出張に行ったときの田町出張マッサージ

仕事で出張に行った際に学会やら懇親会などでかなり疲れてしまったのでホテルに宿泊して出張マッサージを利用することにしました。初めて利用するのでどんな感じなのかワクワクしていました。コースを決めるのですが僕は初めて利用するためわからなかったのでとりあえず60分コースをしました。そうこうすると24時を回ったくらいにノックされてドアを開けると綺麗な女の子がホテルにきてくれました。かなり話しやすい子だったのでとても助かりました。見た目は若くてギャル系な感じで正直僕のタイプでした。とりあえず服を脱いでほしいと言われてベットに横になりました。まずは指圧を受けました。最初はうつ伏せで肩のあたりから背中そして足へとマッサージをしてくれます。仰向けになってくださいと言われて仰向けになりました。足から太ももにかけてマッサージしてくれるので少し興奮して勃起してしまいました。女の子は元気ですねとあまり気にしていない様子でした。アロマオイルを身体に塗られたときはほんと気持ちよくて最高でした。恥ずかしかったのですが勃起したものもさすってくれて内緒ねと言われました。実際に出張マッサージでこんなことがあるんだと思いまた利用したいと思いました。

東京の田舎について

東京に一人暮らしを始めて20年近く経ちますと、中にはここ東京!?と思ってしまうほど何もない、平たく言うと田舎に住んだこともあります。共通して町並みは静かで大きな建物がありません。駅周辺も取り立ててめぼしい商業施設はありません。自分自身地方出身者なのですが、地元よりも何もない、地方以上に地方な地域も事実都内にたくさんあると個人的には思います。今まで住んだり、立ち寄ったり、通りかかったりした中で特に京王線沿い(京王新線は除く)と、南武線沿いがかなりのどかなのではないでしょうか。同じ都内でも区や市を跨いだだけでここまで雰囲気が異なるのが不思議でもあり、面白くもあります。それでもやはり東京。田舎と言えど住宅街がちゃんとあります。駅を出てすぐ住宅がまばらな地域は無いのではないでしょうか。それが本物の田舎と異なる大きな特徴だと思います。地方出身者が、上京したいものの東京が恐く、始めての一人暮らしは都内の田舎、という話をよく聞きます。東京に一度も行ったことがないとどうしても大都会の危険なイメージが強いのでしょうからしかたありません。地方の若者にとって、実は東京の田舎はとても大切でなくてはならない場所なのかもしれません。

ホームに戻る